number.0

君が0番で輝き続けてくれますように

マスクは顔の一部にならない

今日から通常出勤。取引先から電話がかかってきて、同じように昨日から通常勤務に戻ったと言っていた。電車は空いていて快適で、別に在宅じゃなくてもいいなと思ったけれど、仕事が始まると、メガネは顔の一部になるかもしれないけどマスクは顔の一部にはならないなと痛感した1日だった。飲み物を飲むたびにマスクをずらすのがめんどくさい。家と会社の最大の違いはマスクをする必要があるかしなくていいかじゃないかと思うくらいマスクが苦痛。

自販機からあたたかい飲み物がなくなっていてショックを受けた。ホットコーヒー、コンビニかコーヒーチェーンで並んで買うしかないのか…。このご時世なので共用のウォーターサーバーは衛生面が気になって自由に飲み物が飲めないのすごくつらい。久しぶりに出社してみて、会社の方が家よりいいところ、「椅子がいい」くらいしか見つけられなかった。

資料に書き込んでPDF化して送ってもらえれば済む話をぐだぐだと会議室で口頭で説明されながら、この時間のためにわざわざ危険を犯して感染者数がゼロになったわけでもないのに出社してきたのかなと思うと溜息しか出ない。

コロナ太りの記事についているブコメでお菓子を我慢できないという人を見かけたけれど、家にいたら買いに行かなければお菓子はないので買わなければ食べなくて済むけど会社は常にオフィスグリコがあるのでそっちのほうが危険なんだよな、と思った。

今日の日記は文句ばっかり言っているな…今日あった良いことは、外を出歩けるようになったら着ようとしていたドラえもんのTシャツと水色のスカートが私に似合っていたこと。