number.0

君が0番で輝き続けてくれますように

毎月500円で買う物の例

今、仕事の中でパンフレットを作成しており、昨日の帰り道、参考にしようと家電量販店でスマートフォンのカタログを大量にもらった。眺めていると、Yモバイルのカタログで500円クーポンが付いてくる特典のところに「例えば501円のシャンプーがクーポンを使えば毎月1円で買える!」と書いてあり独特すぎて笑ってしまった。501円のシャンプーってシャンプーの相場として適切かどうかもよくわかんないもんな。毎月買う500円くらいのものってなんだろう。確かにシャンプーが最適解なのかもしれない。

すみっこごはんの2巻、いきなりメガトン級に良い百合で興奮しちゃった………。東京で生きる女の話が好きだ。無為に思える時間を過ごし、どろどろに疲れて家に帰り、あったかいごはんにほっとする、を繰り返してだましだまし生きてる女は、わたしだけじゃない。東京は、誰でもひとりでごはんを食べていい街、という気がする。別にどこでも、そうなんだけど。

夏場のストッキングが本当にストレスだ。別に冬も好んで履きたくはないが。今日はミモレ丈スカートだしストッキングは履かなくていいか、と思ったのにくるぶしソックスをすべて洗濯していたため履くことになった。最悪だ。

出勤をすると、身にまとう布が増える。在宅勤務だとワンピースをぺろっと着ればいいけれど、出勤となるとシャツとスカートとストッキングとガードルとペチコートがいる。朝ゆっくり洗濯する時間もないから1日くらいと溜めると干す量が爆発的に増えるので早起きして洗濯している。一度「やらなくていい」状況を経験すると、化粧をするのも髪の毛をセットするのも毎日家から駅まで歩くのも電車に乗るのも電車を乗り換えるのも駅から会社まで歩くのもすごくきつい。化粧を落とすのも服にアイロンをかけるのもきつい。今までのわたしはなんてすごくてえらかったんだろう。褒めてあげたい。

同僚からもらったごまのチロルチョコがめちゃめちゃおいしくて今日は会社に来てよかったな。

これ。

食器棚を新調しようと思って注文したあと、旧食器棚を捨てなければならないので粗大ごみの申込みをしたら出せるのが最短でも1か月後でギェ~~~となった。ステイホーム需要………。それまでどこに置いたらいいんだろう。近日中に新しいデスクも届くのだが完成品を注文したあとに玄関から部屋までどう運べばいいのか不安になった。不安だらけの模様替え。果たしてうまくいくのか。

明日は有給とって病院。