読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

number.0

今年もやっぱりサイコーじゃん!

5/1 ジャニーズ銀座A公演(HiHiJet/東京B少年)MCメモ
5/1 18:00
at.シアタークリエ

《出演者》
HiHiJet(橋本涼井上瑞稀・髙橋優斗)
東京B少年(那須雄登・佐藤龍我・藤井直樹・岩崎大昇・浮所飛貴・金指一世)


ジャニーズ銀座ハイB公演の5/1分MCメモです~
名前と重要な単語だけメモしてそこから記憶を引きずり出す!という方法をとってるので、言葉が抜けてたり言い回しが違ったり細かいニュアンスが違う可能性もあるのはご了承ください。










瑞稀「みなさん楽しんでますか~~~!」
客席\イエー/
瑞稀「改めまして僕たちが、HiHiB少年です!!」
橋本「失礼しま~~~す」←これ今思いだすと面白すぎる…

橋本「今日で何公演目?」
藤井「4公演目じゃない?」
優斗「そっかーまださあ1回も自己紹介してないよね」
橋本「よしじゃあ右側からしていこ」

並びは下手から瑞稀藤井金指浮所那須龍我大昇橋本優斗だったと思う。
上下じゃなく左右で言うのお客様のこと考えてたのかな~(かみてしもて言うてもわかんないよね)えらい。

瑞稀「じゃあ自己紹介しまぁす」←カワイイ

瑞稀「HiHiJetの井上瑞稀で~~~~~す!(超声張り上げてる)特技は…アクロバットです。やりましょっか」

このやりましょっかの言い方がほんとベテラン超ベテラン大御所感でててカッコいい覇王様~~~~!感がほんとすごかった…ひれ伏し!

浮所「えっいいんですか?!ほんとに?!」←謎の興奮
優斗「いいんです(ドヤァァァァァ」

なぜおまえがどやる

ここで、瑞稀くんばっちりロン宙!きめっきめひゅ~~~~♡

HB客拍手

優斗「こっちに向かってきたから超怖かったよ、殺られんのかと思った」

毎回みずきがアクロやるたびに怖がってるんだろうか面白すぎる…

優斗「いや~瑞稀くんもうさあ何歳からやってんの」
瑞稀「俺ねえ、もう幼稚園の年中から体操やってんの」←ねんちゅうという言葉の響きだよ…
優斗「で、今は」
瑞稀「じゅうろくさい♡」←ちょうかわいかった!!!!!
優斗「あ~、かわいいわ」

これめっちゃわらったwwwwwずきゅーんしてるゆうぴー瑞稀担の気持ち代弁してくれてありがたい

大昇「ひとつしか違わない!ひとつしか違わない!」
橋本「この中だったら瑞稀がリーダー的存在で」
HB「そうだね」「そうだわ」
大昇「感謝っていうかね」
那須「瑞稀くん、ありがとうございます」
浮所「大好きで~す♡」←ちゃらい

瑞稀「好きとかそういうこと言わないのにこういうとき言うの照れる、照れるよね」←めちゃくちゃふにゃ~~~~ってなってるおみじゅかっかわ
優斗「あらかわいいね!」←もうなにしても

橋本「で次は」
藤井「藤井直樹で~す!僕、最近は表現力を磨いてて…ちょっと思ったんですけど、さっきの聞きました?僕はVampire。ちょっと衝撃受けちゃったんですよね」
優斗「どういう衝撃?」
藤井「なんか、えっろ!みたいな」

瑞稀「俺とさくちゃん、(金指の)下で『僕は』(さくみじゅ向かい合う再現しながら)カワイ~~~~~!ってなってる」
瑞稀「いつも言ってる!カワイイ!!!」

橋本「かわえろね、かわえろ」←これ全く拾われてなかったつらい
藤井「そういうのみて、僕もかっこいい曲はかっこよく、楽しい曲は楽しく全力でやるっていうスタンスで」
優斗「藤井のさあ、トマラネエエエ(鼻声)もすごかったよ」
客HB爆笑

橋本「ギャップがね!」
瑞稀「藤井カワイイ、カワイイかも」
大昇「かわいく見えてきた」
橋本「あれ?な~くん?な~くん?」
藤井「カワイイかも♡」
HB「な~くん~~~!」

瑞稀「次は、もっとカワイイ子がきてますよ」
金指「東京B少年の金指一世です!好きなフルーツはメロンです」
客HB\カワイイイイイ/
橋本「好きなごはんは?」
金指「ごはん…ハンバーグです」
客HB\カワイイイイイ/
浮所「作ってあげたいよねハンバーグ!!!」

うきしょくんいいこ;;;きみもかわいいよ;;;

優斗「フルーツでかわいいって言われるのいいよね」
瑞稀「ちなみに優斗さんは何が好きなんですか?」
優斗「俺ドライフルーツ」←乾いてる…
浮所「かわいい~~~~~」

瑞稀「一世、尊敬する先輩は?」
金指「松本潤くんです」
優斗「あれ?似てね?誰か……俺だ」

おれだwww

瑞稀「眉毛ピンポイント、眉毛限定だろ!」
優斗「眉毛が似てんだってマジで!!」
瑞稀「ピンときてないじゃんみんな」
優斗「似てるよね!」
瑞稀「ちょっと変な空気になってるから話変えていい?」

井上支配人ようしゃない

瑞稀「俺むかし松本潤くんと共演してんの1回」
橋本「あれでしょ!お尻蹴ったやつでしょ!」
優斗「見てたよ~」
瑞稀「そう松本潤くんのお尻蹴ってるんですよ。あのよかったら、夏の恋は虹色に輝く調べてみてください!一世よりちっちゃい僕が出てるんで。小学校4年生くらいかな~」
優斗「ほっぺがぷにぷにしてるよね」←そこ?言うとこそこ?ショタでは??
瑞稀「クソ生意気な頃ですよ」
優斗「そんなんだったんだ?」
瑞稀「そんなんだった!先輩に敬語も使わないで」

そっかあゆうぴーは小4の頃のえびとかみゅうととかすのーまんにかわいいかわいい言われてなでなでされてたころのおみじゅを知らないかあ^^

瑞稀「おとなしいでしょ、今♡」
優斗「こわいこわい」

ここ、関係性が垣間見えてげきあつ…!

瑞稀「じゃあ続きまして、浮所さん」
浮所「ハイッ!!!!」
瑞稀「あっまた言っちゃった」
浮所「さっきから名前先に言っちゃう!!」
橋本「まだまだ勉強中ですみませんみなさん!」

浮所「浮所飛貴で~す!好きな食べ物は…いちごです♡」
那須「また健人くんの真似して…」
浮所「だって健人くん、健人くんが!」
瑞稀「ほんとは何が好きなんだっけ」
浮所「おにく♡」
瑞稀「おにくもかわいいよ」

ここでくらもとかおるくんのことを思い出したのはわたしだけでしょうか…ぐすん

浮所「おにくおいしいですよねえみなさん!」
客\おいしい!/
浮所「そこそこ共感もらえたんでぼく満足です」

大昇「お肉といえば」
優斗「あっそれここで持ってくる?」
HBザワザワ…
瑞稀「ちょっともう考えてから喋ってもらっていい?!収拾つかないから!」

大昇「これ言っちゃっていいですか、昨日」
HB「あ!」
大昇「見学にきてた森本慎太郎くんと田中樹くんが、焼肉つれてってくれました!!」
瑞稀「しかもね高級焼肉店!」
龍我「寿司がめっちゃうまい…」
浮所「あ、出た!」
優斗「肉屋なのに寿司がめっちゃうまい」
瑞稀「なにこれ見たことない…って」
浮所「ね~♡」←これめもに「うき」「ねー」って書いてあるけど誰と言ってたんだろう…
瑞稀「ほんとうにごちそうさまでした」

瑞稀「次は、野菜の国の王子様」
浮所「なのに水色を着る!」
橋本「お名前は?」
那須那須です(完全に茄子のイントネーション)」

那須「どうも那須です。運動会では優斗くんとバッテリーを組ませていただきました」
優斗「あざーす」
那須「ありがとうございました」

瑞稀「あのさあ、那須の発音って
優斗「あ~~~~~今それ俺ちょうど思ってたの~~~~那須さあ、ハニービートで那須↓でーす!って言うじゃん。那須↑じゃないの」
那須「気分次第です…どっちとかないんで」
橋本「使い分けるんだ」
浮所「日に、日によって!明日はどっちかなって」
那須「今日は那須↓のほう」
浮所「じゃあ明日はどっちかな!」
瑞稀「那須↑のが名前っぽいよね、那須↓だと野菜だよお前」
優斗「(爆笑)」

瑞稀「俺いっつも那須の名前書くとき茄子のマーク書くもんね」
優斗「いっつも思う!」
那須「わかりやすいですけどね…確かに」
瑞稀「紫色に塗りつぶしてね」

ねえいつも律儀に色つけてるの?????かわいすぎやしない?????

瑞稀「紫色…じゃなくて水色の那須
客HB「(?????)」
瑞稀「(照)続きましては」
優斗「みずきくーん!」←ぜっっっったい拾う
浮所「さとうりゅうがくん」←なまえいってる

龍我「東京B少年の佐藤龍我です…汗が最近ちょっと止まらないです」
橋本「一緒じゃん!」
優斗「とまらねえええ~♪」←ゆうぴーこれ好きすぎる
龍我「どうしたら止まるんですか…」
橋本「なんか、中島健人くんに聞いたんですけど」
浮所「えっ、うそ」←かわいい
橋本「汗は出すものらしいよ」

何の説明もなく汗といえばで名前が出るおけんとさん

浮所「(健人くんのこともっと聞きたかった)」
橋本「どした?だから汗を、たくさん出すと、汗がきれいになる。汗仲間いるから、健人くんに聞いたらいいよ。教えてくれるから」
藤井「(龍我)あんま興味なさそうじゃない?」
那須「すごい勉強になった」←何の?!

瑞稀「俺さ、塚田くんと一緒にリハしたことあんの。塚田くんもめっちゃ汗かくじゃん。バックにTシャツ10枚入ってる」
客HB\エエエエエエエ/
瑞稀「30分毎に着替えんの!」
優斗「洗濯やばくね??」
瑞稀「やばいと思う」

那須「あとちょっといいですか、うちの龍我くんがちょっと、お知らせが」
優斗「マジでえーなんかちょっとショックなんだけど俺」←たぶん知らなかったことにショック受けてる…本物…。
龍我「今週の月曜日からゴゴスマ…(出ます)」
藤井「みてね!」

瑞稀「明日のラッキーアイテムは?ってやつでしょ」
龍我「あしたのらっきーあいてむはっ」
優斗「きみだよ☆」←謎…
浮所「きょうはっ?」
優斗「…わかんね、見てからのお楽しみ」
橋本「おれらもでたことあるしね」
瑞稀「みなさんぜひ見て下さいおねがいしまーす」

瑞稀「さあ次」
大昇「東京B少年の、岩崎大昇でーす!えーと…僕はあ…(詰まる)」
瑞稀「お前ここまでに時間あったろ考えとけよ#####」

井上支配人まじこわいまじこわい恐怖政治

瑞稀「おまえここまでっ、ずっとみんなっ、考える時間あったろこの間#####」

怒りのあまり声が詰まりまくる井上支配人おちついて

大昇「元気でがんばります!!!」
優斗「オッ(拍手)」

こんなん盛り上げてくれるゆうぴー最高のりあこ枠…!

瑞稀「おれひとつつっこんでいい?あの(ハニービートで)僕たちの仲間を紹介しますっていうところあるじゃん、召喚しまーす!って言ってなかった??」
浮所「召喚されてもでてこないでしょそんな」
優斗「いまさら中2病?」
大昇「中3です!」←かわいすぎ…
浮所「那須雄登を召喚ッッッ!!!」
那須「!?」←ピクッとなる那須くんかわいすぎ
浮所「なすゆうとおおお」
那須「そんなイジんないでください;;」
優斗「ブラックシャドー!!!」←何…

もうこのへんほんっとおおおおおにかわいかった中高生のお昼休みノリ\(^o^)/

瑞稀「岩崎の尊敬する先輩って誰なの?」
大昇「僕は、二宮くんですね!」
優斗「お前さあ、まじカブりだわ」
大昇「カブりじゃないし!」
優斗「俺お前とだけはカブるの嫌だしマジで!」
大昇「同担拒否!」
HB「出た」「出た」「出た」「出た」
瑞稀「それ、俺のネタ」

いつの間に持ちネタに????自担の持ちネタが同担拒否ってつらすぎません????

優斗「だから全員で応援しよう二宮くんを。全員で応援しよ」
大昇「みんなで応援しましょう!」