number.0

君が0番で輝き続けてくれますように

食べ物の名前

どこからどこまでがこの料理に含まれるのだろう、と思う時がある。

スパゲッティが予定より100g多かったので(通常わたしはスパゲッティの1食分を80gで作るが、今は消費のために100g茹でている)(いつも100gの人だと思われたくない、という謎の自我……)、連日ボロネーゼを作っている。粉チーズを消費するべくたくさんかけたりスライスチーズを乗せたり余っているたまごを乗せたり、急いで食材を消費しようとすると1食のカロリーが考えたくもないことになって大変だ。

わたしが作るボロネーゼは基本的に茄子と潰したトマトと玉ねぎのみじん切り、合い挽き肉で構成される。昨日はトマトの食感が残ってたほうが良い気がしたためざく切りに切ったトマトは潰さず、ソースの上にとろけるチーズとたまごを乗せたかったのでスパゲッティと和えず、ソースを上に乗せた。

これは「ボロネーゼ」だろうか??????

ミートソーススパゲッティがいちばん近い食べ物なのだろうが、でもそれも違うし、これはなんだ??と思いながら食べた。ミートソースは、フライパンの上でスパゲッティと和えたほうが絶対においしいな。絶対に登録されているものより遥かにカロリーが高いことはわかりつつ、あすけんにはミートソーススパゲッティで登録した。そう思えばそのカロリーになるんで……。

今日は朝からサミットに出かけ、惣菜コーナーをうろついた。サミットは九州にはないので、商品の見納めだ。サミットの唐揚げ、好きだったな……。惣菜は買わず、いちじくを買って帰る。いちじく、売ってる間はなるべく食べるぞ。

帰宅し、朝昼兼用のごはん(いちじく)を食べ、Zoomでの重要事項説明を受けるためメイクをする。普段の出勤ではマスクをしているので塗らないけれど、久々にリップ塗ったらやっぱりテンション上がる~。ブルベ冬でよかったことなんて全然ないけど、真っ赤なリップが似合うことはほぼ唯一と言っていいほどの嬉しいことだ。

重要事項を説明してくれる宅建士が、順調にわたしの名前を読み間違えたので油断だぞと思った。そのあともたびたび誤読していて、重複をじゅうふくと読むタイプの人だったので普通に不安だな……。宅建士がこんなに漢字を読めないことがあるだろうか。騙されてないよね?

引っ越し、出ていく額が大きいので、いちいち「消費税、たけ~」と新鮮に驚いている。いろいろ計算してたらひくほどお金ないな……。いちじく食べてる場合かな、と思いながらコンビニでブラックサンダーを買った。ブラックサンダー、新しく出た発酵バターのやつめっちゃおいしい。

体重を気にしてダイエットをしていると食べ物の重さが気になってしまうのだが、ブラックサンダーはあれだけカロリーが高いのに25gしかないので良い。体重を気にするダイエットは水を飲まなくなるのであまり良くないのだけど、指標としてわかりやすすぎるからどうしても重さを気にしてしまっていけないね。

漢字と物がすぐに結びつかない

読み方は知っているはずなのに、漢字から受けるイメージと実物が結びつかない時がたまにある。

わたしにとってその筆頭は「胡瓜」だ。胡瓜とかいてきゅうりと読む。後半ちゃんと「うり」とそのまま読んでいるし、何もおかしなことはない表記なのだが、どうしても前半の「胡」から「胡桃」を連想してしまう。「胡」まで読んだところで次は「桃」がくるはずだとわたしの頭が勝手に先読みし、「瓜」がきてバグるという流れが起きているのだと思う。くるみはよく漢字で書かれているけれど、きゅうりはあまり漢字で書かれているところを見ないからかな?

このことをハッと思い出したのは、己が昨日あげたブログを読み返した時に「味醂」を一瞬「ウェイパー」と読んでしまったからだ。わたしは料理にウェイパーを使ったことなどないはずだが?と思い、すぐに「あ、みりんか」と気付いた。味醂味覇。みりんもあまり漢字で書かないからね……。

新居の契約書がようやく届いたので、せっせと書く。同封して送るため、朝からセブンで住民票の写しを取得した。マイナンバーカードを持っているとコンビニで住民票がとれる……便利……。あとはお金を入れるだけだぞいう段階になって、小銭がないことに気付き両替をしてもらった。そしてレターパックを買う。先にレターパックを買ってから住民票を取得したら両替の手間がいらなかったのにな……と段取りを少し反省した。

明日はZoomで重要事項説明がある。当日まで1回も福岡に行くことなく転職も転居もできてしまうなんて、すごい世の中になったものだ……。転職先の面接もZoomだった。Zoom、打ち合わせと面接でしか使ったことないな。

今週の水曜日が最後の「燃えないゴミを出せる日」なので張り切ってゴミ袋に入れた。出番がほとんどなかった食器や、1回しか使わなかったピザカッターなど。あとはひたすら、ダンボールに物を詰める作業。そろそろダンボールが置けなくなってきたなあ。ここ最近はストレッチをしている時や筋トレをしているとき、何度もダンボールにぶつかっている。引っ越し屋さんが、小さいダンボール(本や食器など重いもの用)5箱と、大きいダンボール(それ以外用)を10箱、用意してくれているのだが、どう考えても個数は逆がよかった。大きいダンボール、3箱で収まりそうだし小さいダンボールに食器と本が微妙に収まりきれていない。ウー。我が家は物が少ないと思っていたけれど、意外にあったんだなと驚く。

物を整理していたら、だいぶ前にやった鼻毛ワックスが余っていたので久しぶりに鼻毛を一掃した。感染症予防的にはあったほうが良いのか?と数分悩んだが、まあでも好きな人の前で鼻毛が出てるのと感染するの鼻毛のほうが嫌だなと思いズボと抜いた。

昨日はスパゲッティを消費するべく茄子のボロネーゼを作ったが、スパゲッティがあと200g残ってると思っていたのに300g残っていてアーとなった。今週の予定が変わってくるぞ。使い切れない食材がまた……。

後始末のことを考えて二の足を踏む

これやるのはいいんだけどそのあとがめんどくさいんだよな。ということがたまにある。

ベッドにかぶせてあるボックスシーツを洗濯することはまったく嫌ではないけれど、洗濯したあとまたかぶせるのが面倒だ、というような。揚げ物やるのはいいけど余った油がなあ、みたいなね。

わたしはこれを思って、いつも「出汁」が取れない。親が作る味噌汁はいつもだしの素を使っておりそういうものだと思っていたが、自炊をするようになってかつおぶしから出汁を取るとだしの素のなんともいえない後味がなく澄んだおいしさが得られるということを知った。本来ならタイミングが難しいものだが、少量で作る場合はかつおぶし1パックを茶こしに入れてその上から熱湯を注ぐだけで出汁が取れる。簡単でおいしいのでたくさん活用したいのだが、如何せん、出汁を取ったあとのかつおぶしをどうするか問題が発生する。わたしはいつも醤油と味醂で味付けしてフライパンで炒っておかかにするのだが、これめっちゃ面倒だなーっていう……。水分を飛ばしながら炒る作業は根気がいるので苦手だ。

冷凍していた冬瓜をそろそろ食べねば、と思い、以前やってみておいしかった冬瓜とトマトの冷たい豆乳スープを作ろうと思ったのだが、出汁を取る工程があるので悩む。結局、出汁と醤油と味醂の味付けをする本来のレシピを根本的に変えてコンソメで作った。普通においしかった。これでいいのだ、これでいいのだよ。

昨日は中野で呑んできた。ずっと行きたかったコグマヤさん。

tabelog.com

何食べてもおいしかった~~~。甘辛い味噌味の煮込みが濃いのにしつこくなくてガンガン呑んだ。煮込み串のキャベツがおいしかったな…………煮込みってがぜん野菜がおいしくなるからすごい。そういえば中野マルイの2階からそのままレンガ坂に通り抜けられるの知らなかった。わざわざ1階に降りて坂を上ったの無駄だった気がする、、、いや、レンガ坂は歩きながら見上げるのがいちばん楽しいからいいのだ。

前回、同僚とBCAAがどうだとかアミノ酸がどうだとかプロテインがどうだとかいう話をして、オートミールが気になると話していたのを覚えていた。色々プレゼントをもらって嬉しかったのでお返しにカルディで買ったオートミールをプレゼントしたら喜んでいてよかった、よかった。この日も大きなハロの容れ物をくれた。手紙を入れたりお菓子を入れたりするらしい。え~絶対かわい~~。

メニューの中で気になるものはひととおり食べて、もう1軒くらいとブロードウェイ手前から東に入っていく。中野のこのへんは一生かかっても制覇できないのではと思うくらい飲食店が大量に軒を連ねているので楽しい。どこもにぎわっていた。途中でどこにするか考えるのが面倒になって適当なメキシコ料理屋に入り、トルティーヤチップスを食べながら赤ワインを呑んだ。コグマヤさんで日本酒2種類も呑んだのでいい感じにふわふわする。

頃よき時間でじゃあねと別れて、家路についた。中野はもうしばらく来ることがないだろう。最初から最後まで、中野のことが大好きだった。

帰宅し、シャワーを浴びた記憶はあるけれどその後の記憶はない。プツンと寝落ちしていた。

朝起きて、もらったハロを箱から取り出そうとすると箱が開封済みで、あれ?昨日あけたのかなと思いながら取り出すと、ハロの中にぎっしりBCAAが入っていた。彼はこういう粋なことをする。いま飲んでいるBCAAがまだ少し余っているが、せっかくだし試してみるかとスティック型に個包装されている1包を運動前に飲んだ。びっっっっっっっっくりするくらいまずかった。

最初の難関を超えると人は油断する

わたしの氏名は、珍しい名字とありふれた名前で成り立っている。

名字サイトで調べたところ、わたしと同じ名字の人は全国でおよそ170人しかいないらしい。飲食店の予約などで名前を聞かれて名乗ると99%の確率で聞き返されるため、いつも面倒で適当な名前を言っている。初見で正しく読めた人に出会ったことがほとんどない。ただ、地名なので、1人だけその土地出身の人が「〇〇さんっていうんですね~」と言ってくれて感動したことがある。そのくらいだ。

反面、名前がめちゃめちゃにありふれている。新生児の名前ランキングとか、数年の間は常連だった。今でも多分、人気がある名前だ。しかし、ここにトラップがある。

読み方がひとくせあるのだ。例えば、Hey!Say!JUMPの高木は「たか“き”」だし、米津玄師は「よねづ“け”んし」であるような、そういった類の読み方をする。そのまま読むと、違うのだ。これが、たいへんに面倒で日々ストレスにでくわす。銀行のキャッシュカードを作ったとき、きちんとふりがなを書いているのに間違った読み方で登録されてしまい変更が面倒だったときもあった。名字を乗り越えたから、名前は油断してしまうのだろう。

最近、宅配を受け取る時に在宅時置き配ができるようになった。この置き配、配達員によっては名前を確認してくる。「〇〇(名字)です」と名乗ると、「△△(名前の間違った読み方)さんでよろしいですか」と言われ「□□(名前の正しい読み方)です……」と訂正する流れを100万回やった。そういうときに、相手が「失礼いたしました」と言わないことにわたしはいつも腹を立てている。「名前を間違う」というのは非常に失礼な行為だと思っているからだ。そう思うと、氏名が漢字であり(名前の方はひらがなやカタカナの人も増えているけれど)読み方が様々あることってまったく合理的じゃないな。齋藤さんの字がありすぎるのもいい加減に統一してほしいし。そうなるとどの齋藤に合わせるかで戦争おきるのかな。わたしだったら氏名の読み方が様々あるのは面倒だから統一しますと言われたら全然ありがたく受け入れるのに。

今日もヤマトの人に名前を読み間違えられて嫌な思いをした。そもそも、女性のひとり暮らしなのだから、誰が聞いているかわからないのに氏名を名乗りたくない。クレーム送ろうかなと思ったけどもうこの家に住むのもあと少しだしな……(←最近はこういう諦めが多発している)

昨晩、仕込んでおいたオーバーナイトオーツにバニラアイスといちじくを乗せて食べようと思いアイスといちじくを買ってきたが、面倒になって全部ばらばらに食べた。おなかいっぱいすぎる……。巨デブ時代の感覚で食料を買い、多すぎたなあと思うことが最近は多い。少しずつ減らして今の自分の適量を知っていかなくては。

夜はずっと行きたかった居酒屋に行く予定がある。早い時間に飲み始めるから、食べすぎないようにしないと。次の日にもたれすぎると思い出にけちがつくからね。

悩んだ末に別の物を買ってしまう時がある

むかし観ていたドラマで、ヒロインが「最初に書いた答えを見直すとなんとなく不安になって、提出直前に別の答えを書いてしまう。最初に書いた答えが正解だったのに」というようなことを冒頭で言うシーンがあり、印象に残っている(しかし、このドラマがなんだったのかマジで思い出せない。何?)。

最近いろんなひとが絶賛している「ローソンの黒ごま蒸しパン」が食べたくなり、出勤前にナチュラルローソンに行ったら売っていた。お昼用に買うべく手にとると、その上に「安納芋クリームパン」があり、そちらは更にカロリーが低い上にめちゃめちゃおいしそうでこのまま黒ごま蒸しパンを買うべきか数分悩んだ(パン棚の前で数分たちすくむ迷惑な客)。悩むも、ここは初志貫徹だ!と踏みとどまり黒ごま蒸しパンを買う。こういうことは珍しい、大抵、悩んだ末に別の物を買ってしまう。そして、最初に買うつもりだった商品は永久に店頭から見かけなくなるのだ。買うタイミングを逃し「食べたいな」と思っている間に店から姿を消した商品は星の数ほどある。

お昼休みにいそいそと黒ごま蒸しパンをほおばる。うまーーーーい!!!!!!蒸しパンにあるまじきモチモチさと黒ごまの香ばしさ、控えめな甘さ、そして満足感。1個83kcalなのにこれはすごいぞ……。永久に売ってほしい。

朝ごはんは食べない、昼はプロテインバー、という生活を長いことしてきたが、最近、糖分とったほうが頭がちゃんと働くなということに気づいたので朝はブラックサンダー食べてる。それなりにカロリーおばけだけど安いしちょうどいい。

休みの日に行こうかなと思っていたけれど、会社帰りに寄ったほうがアクセスが良いことに気づいたので仕事終わりに千駄ヶ谷のレティエに向かう。大好きな!!!レティエに!!!久しぶりに!!!

到着して、食べようと思っていた3種のナッツを注文しようとしたが、シャインマスカットがあったのでシャインマスカットにした。受け取ると、受け取った瞬間からもう溶けててショックを受けた…………。本当にいつ行っても安心安定のレティエだったのに、温度管理もきちんとなされてないの残念すぎて悲しい。シャインマスカットをトッピングしてる間に溶けたんだろうか???ナッツにしたほうがよかったのか???ほら、選択肢は直前に変えるべきではないのだ。

トボトボと帰りながら、駅前のミニストップが目に留まり「ミニストップで買ったほうがマシだったかもな」と思った。

家に帰って運動してナポリタンを作った。ピーマンを買おうとするも5個入りの袋しかなく消費できないなと思ってパプリカで代用。十分おいしい。残ったブラウンマッシュルームが冷蔵庫に入っているから数日間しあわせだな。みじん切りのたまねぎも冷凍してある。翌日の昼に食べるため、ヨーグルトにオートミールを浸した。

この家でばんごはんを作るのは、あと5回。

いまさら聞かれるなんて

20歳の時の体重って普通は覚えているものなんだろうか?

わたしは20歳の時が人生で最も太っていたのでよく覚えている。あれがわたしの(体重の)ピークだった。まあでも大体の人は人生でそんなに体重の変動があるわけじゃないから覚えてるのかな。20歳の時の体重は覚えてるけど18歳とかになるとまったく覚えてないな……。

なぜ急に20歳時の体重について話したかというと、今日は健康診断で、問診票に「20歳の時の体重は?」という項目があったからである。その下に「20歳の時から10kg以上の増加がありましたか」という項目があり、なるほど普通はそうなるものだよなと思った。わたしはいま、正直中学生の頃より痩せている……。小学校から中学校に上がるとき既製品の制服だと着られるサイズがなく特注で作ったし、体操服の短パンが股擦れですぐボロボロになるのでしょっちゅう買い替えていた。あの時を思うと、ちゃんと人間になったなあ~と感慨深くなってしまう。今月は5kgくらい太っても仕方がないかと思っているけれど、今から5kg太ってもユニクロで服買えるレベルには人間だしな……(20歳前後の頃はユニクロのXLすら着られなかった)。

健康診断の時間が15時からで、食事は抜かなければいけないし水も極力飲めないので14時あたりからまったく仕事に集中できなかった。食事は大事だな。病院に行ったら採尿しなければならないので、ちゃんと尿が出るか不安でたまらなかった。昨日は映画中に尿意が訪れないか心配したし、今日は尿意が訪れるか心配しているし、出てもだめだし出なくてもだめなんだな。もっと自分の意思でコントロールできるようになってくれとずっと思っている、尿については。

洋画オタクの同僚(♀)にインターステラーIMAXすごかったと言ったら、同僚は3回観に行ったと言っていた。揺れてる感じのことを話すと、IMAXの重低音であの揺れを表現してるのはインターステラーとマッドマックスくらいだと言われマッドマックスには興味なかったけど確かにIMAXで観るとアトラクション感があって面白そうだな。

空腹でフラフラしながら健康診断に向かう。なぜだかわたしは昔から採血が好きだ。いつもは採血するとき右腕を出すのだが、なんとなく利き腕じゃないほうが良い気がして左腕を出したら刺されたときめちゃめちゃ痛くてびっくりした……右と左で痛覚が違うのか、刺す人が下手だったのかどっちだ?

最近だいぶ視力が落ちたなと思っており、そろそろ眼鏡かな……と思っていたのだが、視力検査すると両目1.2だった。2.0から1.2になったのでまあ確かに視力が落ちてはいるのだけど、眼鏡かな~と思うのはいきすぎだったな。

身体測定、今まで行っていた病院は毎年「去年より2kg減りましたね!えらいです!!」とほめてくれるところだったのでモチベーション向上に貢献してくれていたのだが、今年は別の病院だったので残念だった。去年の数値より3kg減ったのに(去年の夏から今年の1月にかけて7kg太り、今年の1月から今日までに10kg減ったから結局-3kg)。

腹囲を測ったとき、数値を見せられ「これでいいですか?」と聞かれ、「(全然よくないよ!!!!!!!!!!!!あと10cmは減らしたいよ!!!!!!!!!!!!!!!!)あ、ハイ」と答えた。

とどこおりなく1時間ほどで診断を終え、帰りにずっと気になっていた肉屋でメンチカツとマグロカツを買う。帰り道、前を通るたびにメンチカツがほしいと思っていたのだが、ここで買って1時間半かけて家まで持って帰るのか?と思い買えなかったのだ。歩きながらほおばるとメンチカツが揚げたてでおいしかった。マグロカツは、ハムカツとコロッケと悩んだ末に買い、買った直後に「(なぜ肉屋で魚のカツを買ってしまったんだろう)」と後悔したのだが後悔を後押しするような味だった。

最寄り駅周辺の肉屋はすべて閉店してしまったため、久々に肉屋で売っている揚げ物が食べられて嬉しかった。帰りに肉屋で買ったメンチカツをほおばりながら歩いたことは多分けっこうずっと覚えてると思う。

--・-- ・- ---・- -・ ・ ・・ -・ ・-

知らない大勢の命がかかった地球規模の命運より、とにかく家に帰りたいよな。

友人が絶賛していたので、インターステラーIMAX版を観に行った。土日に行ければベストだったんだけど、18日までの上映だったのでレディースデーを利用して、今日。気づいた時に間に合っててよかった~。

仕事が終わるのは16:30。上映は20:10から。かなり時間がある。その時間をどう埋めようか悩み、脳内でタイムスケジュールを組んだらなんとかなりそうだったので一旦おうちに帰って運動してシャワーを浴びてメイクをしなおして歌舞伎町へ。西武新宿駅から東宝ビルに向かう間、本当にずっと全然この街のことは好きじゃなかったなと思った。思い入れがたっぷりあるバティオスやハイジアの前を通り抜けながら。

発券と売店とトイレのことを考えて少し余裕をもって行ったつもりだったが、思いのほか売店に人が並んでおり席についたのは上映時間ジャストだった。ここから3時間だもんなあ、時間帯的にみんな中でごはん食べるよね。わたしは翌日が健康診断なのでビールは我慢して、尿意のことを考えそもそも飲み物も我慢して、ポップコーンだけ買った。塩味のポップコーンを買うと、店員に「バターはおかけしますか?」と聞かれて「(そんなことしてくれんの!?!?!?!?!?)」と驚いた。バター味のポップコーンより興奮するな、ポップコーンにバターをかけてくれるということ。もちろんかけてもらった。持ち歩いている間、ポップコーンの表面にバターの油が光っていることにわくわくした。

インターステラー、初めて観たけど面白かった~3時間もある気がしなかった。観客としても、終わった時の時間の経ち方がちゃんとバグっててすごい。友人が「4DXかと錯覚した」って書いててそんな大げさなと思ってたけど本当に4DXにいる気持ちになった。絶対に座席、揺れてたよね??????どの場面もIMAX効果がすごかったけど、離陸がすごすぎる。揺れの感覚もそうだし、離陸した瞬間のあの浮遊感が光と音だけで再現されてるのゾクッとしてしまう。

作品の中で、結局のところ人間は大局的な物事では動けず個人の感情がいちばん大きな機動力になるっていう話が出てくるんだけど、「それな」でしかなかった。最悪の嘘として扱われるけれど、組織として目的に設定した物事を達成させるために人間の本質を突くことで動かしたんだからリーダーとしてはめちゃめちゃ優秀ってことだよね……。

途中、あんなにかわいいこどもの成長過程が見られないなんてかわいそうすぎると思ってつらくなった……マーフ、かしこくてかわいくて最高。伏線回収の仕方とタイムリープ設定が突然すぎて洋画ならではの雑さに笑ってしまった。こういう力技がわたしは好きだ。これだけいろんな説明が足りてなくて不足したエピソードが山ほどあるのにそれでも3時間経ってたのやっぱりすごいな。時間が狂ってる。

宇宙からの通信系、ほぼほぼ高確率でモールス信号が出てくるけど何の意味もなくモールス信号で会話してみたいな。今日の日記のタイトルはモールス信号だよ、解いてみてね。