読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

number.0

今年もやっぱりサイコーじゃん!

2016 DREAM BOYS

瑞稀くんDREAM BOYS全38公演、少年たち全33公演の計71公演おつかれさまでしたーっ!

人によっては1年間の仕事量を1ヶ月で駆け抜けちゃった瑞稀くん最高にかっこいいなあ。始まるときは不安なんてないって思ってたけど、始まってみたらどんどん不安が拡がっていって、ただただ長く感じて怖かったけど、それを現実の瑞稀くんが全部ふきとばしてくれたから今とても晴れやかな気持ち。

その清さも強さも逞しさも、瑞稀くんの持ち物ぜんぶが大好きなんだ~~~ってことを実感した1ヶ月だったなあ。だってこんな状況で瑞稀くんはすごく磨かれた。ものすごく綺麗になった。なんてかけがえのないことなんだろう。

大袈裟なほど詰め込まれた瑞稀くんの15歳最後の夏が終わって残すところはあと1ヶ月。15歳教はさみしい限りだけど、瑞稀くんの15歳がたくさん形に残るのは嬉しいなあ。

そんな瑞稀くんの15歳の輪郭をつくるお仕事、わたしはドリボの9/6夜、9/13昼、9/29夜、少年たちの9/13夜にお邪魔してきました~。少年たちのこともまたおいおい書きたいけれど、まずはDREAM BOYSのはなし。

大好きだった2012年のDREAM BOYSから4年、またドリボの瑞稀くんを見ることができてとてもとても嬉しい。
ステフォの売り切れもおめでとう♡♡♡ちゃんと結果に結びついてることが素晴らしい♡♡♡結果、だいじ。本人のモチベーションのために。瑞稀くんの先にはずっと虹がかかっててほしいのです。

いろいろ順番に、瑞稀くんでてるところだけ~。

続きを読む

新しい服も少し窮屈に思えて

はやく東宝のえらいひと観にきてー。

こんなこと書いてたら松竹からもお呼びがかかっちゃった(U '-' U)☆的な。

いやーなんかもう大混乱すぎて会見レポきいたときには全身が拒否してたし途方にも暮れたけど、流れてきたパンフの写真を見たら(はやく買いたい!!)この写真を撮った時にはすでに覚悟決めてたんだよなあって思ってそんなのおたくもついていくしかないよねって思いました。他の誰についていくわけでなく私がついていく背中はそんなに頼りない背中ではないのだ。

ただ精神貧弱で打たれ弱さには定評があるナツさんなので全力で「はわ〜 (U⌒▽⌒U)」してるよおっおっ (U⌒▽⌒U)
↑っていうところまで打ったところで少年たちの初日レポを観て、設定のかっこよさにおたくぽけもんは必殺技てのひらがえしを使いました。パラレルワールドみがすごい!!!!!!時間と次元の軸を超えてやってきたHiHiJet様未来的あいどる!!!!!!
なんかもうほんとは1人あたり3体くらいコピーアンドロイドがいて若干人格がちがうのではないかな?とか夢がふくらむやつだね。

先日、勝利のサマパラに行ってきて、それはジャニヲタ初心者らしくじたんがどこにいるかわからなくていちおう取っといたチケットだったんだけど、久々にじたんがいないじゃにーずのこんさーとというものを経験して、思ったのはやっぱりみじゅさんのように踊るかどうかを基準としてしまってる自分で。特にちびを見るときは全力でそう思ったな~。

ちびのときのみじゅさんはある部分ではすごくプロで、違う意味ではぜんぜんだめだった。気合ひとつに他のすべてがかき消されちゃうの。笑
幼いながらにも責任感だったのかなあって思うけど、失敗しないようにしなきゃと思うあまりにからまわるたいぷ。笑

ちびが出てない時間は(ちびはほぼ下手にいたガツガツ踊る子を見てました)、やっぱりなんだかんだでちびはちに自分の墓を掘ったタイプのおたくなのでよーせーさんとれんさんを中心にみてました。よーせーさんはなんかほんとに全然ちがうね~あんなにスタンドプレイ感だしてたひとが、いまはちゃんと和の中にいる。さすがと言わざるをえない。れんさんは中学生の時にすきだった先輩にハイパー似ててリア恋モードでみてたwちなみにその先輩は当時かざまくんに似てるといわれていた。ww

ちいさいときのみじゅさんにふたりが与えた影響というのは計り知れないとわたしは思っていて。まだこれから、みていくことはたくさんあるけど、わたしが観てた短い時間の間で、明確に“意識が変わった”と感じた初めてはれんさんとシンメを組んだとき、そのつぎはよーせーさんとダブルキャストをやったときでした。

相変わらず、かっこよかったなあ。まけてられねーぜ。

あとは平野…サマステロスに苦しむおたくは平野の顔を見た瞬間いなかに帰ってきたきもちになりましたw なんだかんだで平野にはとても大きな愛着が生まれているのでなんというかこんなことは糧にしてがんばってほしいなと思う。みすたーきんぐには素直にがんばってほしいと言えるのはまだまだ天井は上の方って思うからかなあ。

あとは見学席のはばさくいがしょの4人をだいたいみてましたね。むしろ半分くらいみてましたね。はだかんぼーで爆笑する4人もきんぷり曲せくぞ曲は手振してる4人もかわいかった~作間のメガネはあの場の顔かわいい大賞だったから何度だって褒めたい。。。作間くん顔かわいいです。。。

しかしセトリ超よかったなあ。演出セトリはさすがだったから1回くらいは見学してほしかったけどまあ4人が見てくれたから大丈夫だね。また一緒にコンサート作るよね。

さてそして24ドラマの感想をいいかげん書きたいけどねむけが限界だねます

夏の終わりに想うこと

みじゅさん六本木の夏ぶじ終了~!SUMMER STATION ジャニーズキング六本木EXシアター全80公演おつかれさまでしたーっ!

本当だったら82公演だけど、確か2公演不在だったんだよね?
全部出てくれて完走!って言えるのがもちろんこちらとしてはいちばんありがたいけど、24Hドラマメンツで不在てことで体調不良とか怪我を疑わずに済むのがありがたかった。こういうソワソワも夏にはつきものだよね。

このエントリを書く前に公式サイトで公演数数えてみたんだけど、この真夏に80公演って普通の全国ツアーつくよりおおいわけで。笑
なんだか改めてとんでもないお仕事だったんだな~って。

でも、体力面とか精神面とかはまーーーーーったく不安に思わなかったかな。こんなに休みないなんて倒れちゃう><なんて心配、一瞬でもしたら自分のこと100万回殴ってるだろう。超絶エリートHiHiJetsの絶対王者には全幅の信頼おいてるよ。この年でくぐってきた死線の数が違うんですドヤさせてくれるみじゅさんほんとかっこいい~~~。

あとあと、24Hドラマとかananとか勝利のサマパラに行ってきたよとか書きたいことは色々あるんだけどその時間も体力もなく、でもそれでも書きたかったのは☆な雑誌のはなし。

「自分で言うのもなんですが、俺、ダンスがうまくなってきました(笑)」

みみみみ、みみっみ、みじゅ~~~~~~~~~~~~~~~(;;)

夏の終わりにこんな相応しい言葉あるだろうか。
こんなにも理想のひとことあるだろうか。

あんなに他にない踊りを魅せておいて、あんなに実は魅せ方に貪欲で、それをきちんと自分で「うまくなってきた」って認識してるのが素晴らしいんだよ。
それが当たり前ではないことを知ってる人しか、当たり前以上の努力できないってそう思うし。

ああ夏が終わる頃に、大人になったって言えるところが本当にすごいところ。
こちらの認識と、本人の意識にぶれがない。

わたしがそうなんじゃなくて、いのうえみずきが、そういうひと、っておもう。

もどかしい思いもあったけど、大人になっていくところ、ひとつも余さず楽しみに思っています。

8/5 SUMMER STATION ジャニーズキング

Mr.KING / HiHi Jets / Classmate J
今日は1部(14:30)だけ。
メモとらずに観たかったから覚えてるとこだけ。オキテみじゅさんだったよー!

続きを読む

8/4 SUMMER STATION ジャニーズキング

Mr.KING / HiHi Jets / Classmate J
1部(14:30)と2部(18:00)まとめて。
1部は指定センター、2部はスタンディング下手から。セットリストは拾いもの。みじゅさんついてる曲だけ。

続きを読む

ananとかWUとか

サマステ緑パートにハイジェ様!の話、驚きはしたけど想定外というほどでもない感じです。
バックついたら1回くらい観に行きたいとは思ってたけど、出番だとかいろいろ聞いた結果、行くよりその分オレンジパートを観たい、の結論でしたね。
だから今回はバイバイジェット(;;)ネクドリ観たかった~~~。

他のサマステはどうなんでしょうね。
ドリボあるしかいちゃんバックとしてのハイジェ様であり、かいちゃん出る日以外はサマパラにいるのかなって気もするし、わざわざJr.をいろんなところにいろんな振り分け方しても面倒だからサマステバックは全部ハイジェ様な気もするし。
こういう頭の悩ませ方、もう何年ぶりかでちょっと楽しんでる自分がいることは否定しない。笑

わたしのお財布的には全部さまーすてーしょんの方が助かるんだけど(笑)、いのうえちゃんのおたくとしては、この夏に詰め込めるだけ詰め込んで充実した夏にしてほしいかなって思います。
つまりどっちでも楽しみってことだよ。だってどっちになったってかっこよすぎるでしょ。
この夏がきらきらしたお仕事たちで埋まってる選択肢しかないのちょーかっちょいいじゃん。

そんなことを思いつつ、気が付けば永瀬ソロは…永瀬ソロはどこじゃ…と永瀬ソロを求めて彷徨う徘徊老人と化している今日このごろです。
おばあちゃん、いま六本木に行っても永瀬ソロはないのよ。

そんな中でじたんのananとWU表紙にじゃにーーーずふぁいぶ!の報が入って老人はかろうじて若さを補給している次第。
はーーーたのしみ。生きてるといいことある。

サマステに行くときめたとき、ひさしぶりにドル誌を一気に買っていたのですが買っただけで満足してずっと読んでなくて。
先日、ようやく家で読みふけってたらいのうえちゃんが面白いのかたまりだった。
なにこれ雑誌サイコーですネ?

とにかく、野菜を食べないことにプライドを持ち始めてるいのうえちゃんハイパーCOOOOOOOOOOOL!!!!!!!
わたしもプライドを持って野菜を食べないと決めた。確固とした姿勢としての野菜を食べない。
みじゅっきーさんはほんとうに私どもの期待をうらぎらない。

あとはM誌がさいこうだった…。

「俺はいちおう帰宅部なんで!放課後はまっすぐ家に帰ります!」
「それなら俺は、教室を出てすぐを駅にしてほしいわ。家が大好きだから、いっこくもはやく家に帰りたい」
「朝は多少、女のコとしゃべりたいっていうのはあるけど、授業をやってると疲れてきて家に帰りたくなる(笑)」

1つの雑誌で3回も家に帰りたい発言するアイドルはじめてみました。ニュータイプひきこもりアイドルいのうえちゃん。

今日なんとなく思ったことがあって、今まではどうしても「人口は天然には敵わない」っていう固定観念が自分の中には巣食ってたけど、「何気なく」行われることは本当に「心が加わった」状態に勝るだろうか?なんて。

心はどちらにある?と考えた時に、今は割と、胸にあると言い切る人より、己の頭に作ろうとする人のほうが愛せるかもしれない、って思ったり、する。

は~はやく六本木いきたいな~。いのうえちゃんの踊りに対して、己は貪欲であり無節操でありそれでいて理性的でありたい。

夏がはじまったよ

とりあえず最初のヒトコトは、「ただいま」ということになるのかな。笑

いま、3年くらいフリーターやって復職した的なきもち。笑 どうもこんにちは新米じゃにおたです。

去年、1回だけ友達の余りチケットでTDCホールにフラっと行ったとかはありつつ、自分の意志で取ったチケットでじゃにーずの現場に行くのはおよそ3年ぶりとかだったのかな。会場は初参加の六本木EXシアター。サマステ7/23の11:00と14:30の2回、見てきました。1部は指定席、2部はスタンディングから。

天井に煌めくミラーボールを見上げた瞬間からわくわくが止まらなくて、もう既に楽しくて、それだけで十分で、本番が始まって終わったら、見える世界ががらりと変わってた。

あーもう、ほんとうに、この時をきっとずっと待ってたよ。
初めてくらいの気持ちで、泣くほど好きなダンスを見た。

興奮しすぎて覚えてない所が多すぎてメモ取ればよかったやつだけど衝動だけ、書き残しておきたい。

続きを読む